更年期障害の症状を緩和する|サプリと病院で不安解消

女性の中高年に発症します

カウンセリング

ホルモンの変化が原因です

年を重ね、更年期になると女性は閉経を迎えます。女性ホルモンであるエストロゲンが減少することにより、更年期障害を生じる人がいます。肉食の多い海外での発症率と比べると、日本ではバランスのとれた食生活により比較的少なめといわれています。それでも更年期女性の2割から3割ほどが更年期障害と病院で診断され、中には生活に支障が出るほど重度の場合もあります。更年期障害の原因に女性ホルモンの減少があります。閉経に伴い卵子が少なくなっていき、女性ホルモンの分泌量に変化が出てくるとさまざまな身体的症状が現れます。精神的にも不安が大きくなり、痛みを感じやすい体質や気にしやすい性格が影響を強くしてしまうケースもあります。

さまざまな症状が現れます

更年期障害の身体的症状にホットフラッシュがあります。自律神経の乱れにより発症する多汗、のぼせ、ほてりの症状以外にも肩こり、片頭痛、動悸などがあります。また、更年期になると新陳代謝も悪くなり、脂肪が付きやすく中年太りの体型になる場合もあります。肌は油分が少なくなり、乾燥するためにかゆみが出たり、日光過敏症のように紫外線に弱くなる傾向があります。エストロゲンに代表する女性ホルモンの減少により、月経不順や膣炎を発症することもあり、わずかな体調不良がさまざまな部位に影響を与えてしまいます。改善策として薬物療法を施します。ホルモン補充治療により閉経前の状態にホルモンを戻すことで改善が見込めます。身体的不具合が解消していくとイライラや不安感などの精神面も改善し、生活環境がより良くなっていきます。

Copyright © 2016 更年期障害の症状を緩和する|サプリと病院で不安解消 All Rights Reserved.