更年期障害の症状を緩和する|サプリと病院で不安解消

症状と改善法

頭を抱える女性

発症年齢と男女比

更年期障害が出始める年齢とは、人によって大きく差があります。また、更年期障害を起こさない人もいる反面で誰でも起こりうる病気です。一般的な症状の発症年齢としては、女性又は男性ホルモンの分泌が低下する50歳の前後10歳〜15歳を目安に発症する事が多く、中には20歳代で更年期障害を発症する人もいます。そのため、更年期障害という病気名によって中高年になったら発症すると考えるのは間違いなので注意し、早めの予防が大切です。また、女性による更年期障害発症が多いという事はなく、男性でも同程度の発症が起こります。ただし、男性の場合では特有の症状が出たとしても疲労やストレス疲れと判断し、自覚する事なくある程度の長い期間を経て完治する人もいます。

治療で治す

更年期障害の症状として最も多いのは、自律神経失調症に酷似したものです。例えば、ホットフラッシュと言われるのぼせ感やイライラ感があります。またエストロゲン低下による感情の起伏も更年期障害の症状の特徴です。症状の程度は人によって異なるため、女性であれば月経時前後のイライラ感で収まる場合もあります。男性の場合では、身体の強い疲労感のみという人もいます。更年期障害の症状の改善法としては、病院での治療は基本です。病院では、更年期障害の症状に応じて治療を行なってくれます。薬の処方だけでなく、食事や運動に関して指導を行なってくれることもあります。またホルモンバランスの乱れから更年期障害に陥ることが多いので、病院ではホルモン治療が一般的に行なわれています。精神的な部分が症状悪化を促しているケースもあるので、まずはカウンセリングからスタートさせていきましょう。

Copyright © 2016 更年期障害の症状を緩和する|サプリと病院で不安解消 All Rights Reserved.