更年期障害の症状を緩和する|サプリと病院で不安解消

更年期に現れる様々な症状

困る女性

更年期に現れる主な症状

おそよ45歳から55歳あたりで閉経は訪れ、この閉経によって生殖不能期へと移行していく期間を「更年期」と呼びます。この期間中に現れる自律神経の乱れや、精神的な不調が複雑に影響し合い引き起こされる症状を「更年期障害」と言います。更年期障害においての自律神経の乱れによって現れる主な症状が、顔の火照りや多量の発汗です。ホットフラッシュとも呼ばれる、顔の火照りやのぼせは1年以上続く場合が多く、長期となることも少なくありません。次に更年期障害の精神症状として、何事にもやる気が起きない「憂鬱」が主な症状として現れます。精神症状の憂鬱は、閉経女性の3割以上に現れる症状とされています、また最近では「肩こり」が更年期障害の症状として現れるケースが非常に多いというデータもあります。

更年期に現れる症状の治療

更年期障害は症状が軽度の場合はセルフケアで症状の改善が可能とされています。食事は和食が望ましく、毎日ウォーキングなどの軽めの運動を行うようにしましょう。またストレス発散を心がけることも重要です。更年期障害の症状が重度の場合はすぐに専門医に相談をし、病院で治療を受けましょう。更年期障害の病院での治療は、まずは本人の性格や周囲の環境の把握に努め、生活習慣または生活環境の改善が基本となります。ホットフラッシュや多汗といった自律神経の乱れからくる症状には、薬物療法が治療の主体となります。薬物療法は主にエストロゲンや自律神経調整薬が使用されます。次に憂鬱などの精神症状においては、薬物療法と精神療法の組み合わせが治療の基本となります。精神症状の場合の薬物療法では「向精神薬」を使用することが殆どです。

Copyright © 2016 更年期障害の症状を緩和する|サプリと病院で不安解消 All Rights Reserved.