更年期障害の症状を緩和する|サプリと病院で不安解消

更年期に現れる様々な症状

困る女性

更年期に現れる自律神経の乱れや、精神症状を総称して更年期障害と呼びます。更年期障害は顔の火照りや発汗、憂鬱となるなどの症状が一般的です。更年期障害の治療は、自律神経の乱れからくる症状にはエストロゲン・自律神経調整薬などの薬物療法が基本です。精神症状には向精神薬の使用と、精神療法を組み合わせます。

詳しくはこちら

女性の中高年に発症します

カウンセリング

更年期障害はエストロゲンなどの女性ホルモンの減少により発症します。主な症状にほてりや多汗、片頭痛、動悸のような身体的症状以外にもイライラや不安感も合わせて現れる場合があります。ホルモンを補充する薬物療法により、閉経前の体質へ戻して改善させます。

詳しくはこちら

症状と改善法

頭を抱える女性

更年期障害を発症する年齢とは、男女関係なく50歳代から前後10歳〜15歳が目安となります。また、特徴的な症状としてイライラ感や肉体的ストレスなどがあります。人によっては、顔のほてり感やのぼせ感を感じる人もいます。症状が辛くなったら病院を訪ねましょう。

詳しくはこちら

女性の辛い症状を緩和する

医者

主に女性に現れます

更年期障害は、時期が来れば男女ともに発現すると言われているのですが、辛い症状は主に女性に現れます。更年期障害が現れると肉体的にも精神的にもきついのですが、外見上は健康そうに見えるため、更年期障害の辛さをなかなか周囲の人に理解してもらうことはできません。ですから、なおさら辛いと言う女性は多いのです。今では、更年期障害の症状を緩和する効果が期待できるサプリメントもいくつか販売されており、更年期を迎えた女性たちの間で人気を博しています。また、サプリメントの効果には個人差もありますから、自分に合ったサプリメントを選ぶことが大事になってきます。インターネットにはサプリメントについての口コミ情報等がありますから、参考にして選ぶと良いでしょう。

どうして起こるのか

女性の更年期障害はどうして起こるのか、ご存知でない男性たちにも理解してもらえるようにお話しします。女性のお腹の中には左右2つの卵巣があります。卵巣は28日周期で成熟した卵子を排卵します。放出された卵子は卵管内を通過し、その過程で精子と出会うことができれば受精して受精卵になります。受精卵は、分割を繰り返し胚盤胞になると子宮粘膜に着床して妊娠するのです。しかし、妊娠しない限り排卵は定期的に行われることになります。そして、卵子の数は生まれた時から決まっていますから、いずれ底を付いてしまうのです。これを閉経と呼び、卵巣の機能は著しく低下して行きます。すると、卵巣から分泌されていた女性ホルモンも減少して更年期障害が現れるのです。このような女性の辛い症状を緩和する目的で、複数のサプリメントが開発されているのです。

Copyright © 2016 更年期障害の症状を緩和する|サプリと病院で不安解消 All Rights Reserved.